織田信長公 SV麒麟の花押 リング

1563年に小牧山城を築城した「織田信長公」が小牧山城在城時代から使用していた「麒麟の花押」をモチーフに制作致しました、当店オリジナルのリング(指輪)です。

最大幅:10mmup
最少幅:5〜6mm ※指輪のサイズ(号数)により多少異なります。
素材 シルバー925 鏡面仕上げ 花押部分・リング内側文字部分 いぶし仕上げ
リング裏彫刻 Komakiyama Castle, the first castle Nobunaga built by himself.

受注生産の為、納期は約3週間となります。
※2018.10.20以降、ご用意のあるサイズにつきましては、営業日3日程度で出荷が可能です。(限られたサイズになります。)

サイズ(号数)をお選び頂く際は、リング幅などをご考慮頂き、ご注文下さいます様、宜しくお願い申し上げます。
リングサイズは同じでも、細いものに比べ太いものはサイズがきつく感じます。なるべく似た太さのリングで計測して下さい。
ご注文後のサイズ変更は別途サイズ直し代が必要となります。

シルバーの特徴として大気にそのまま放置していたり、硫黄の含まれたものに触れていると黒く変色しますが、シルバークロスで、拭いて頂ければ輝きが戻ります。
温泉、入浴剤などにより変色する可能性が御座いますのでご注意下さい。
販売価格
28,000円(内税)
リングサイズ 
 
購入数